HOME > 園長先生のお部屋

園長先生のお部屋

平成25年度 そつえん、しんきゅう おめでとう! 

14年03月13日

 

 
 

  一年間が無事終わろうとしています。どの学年の園児も昨年の四月と較べたらぐっと大きくたくましく育ちました。特に、卒園を目前にした年長さんの成長には目を見張ります。一人一人が堂々として、自信に満ちた園生活を友だちと一緒に送っている姿には感心させられる事がいっぱいです。

 年中、年少さんも先生やお友だちといっぱい遊び、充実したこの一年間で園が安心の場になった事でしょう。時には、悲しい事、悔しい事もあったと思いますが、その一つひとつが、成長の糧になった事でしょう。

 子ども達は今のこの時、この時を一生懸命に生きています。子ども達の行く手が希望に満ちた平和な時でありますように願います。

 

 今年も3月11日が巡ってきました。あの大地震、大津波それに続く原子力発電所の崩壊、放射線の大量の放出の大災害から丸3年が経ちました。まだ、地震前の生活に戻れない方々が多くおられます。今なお苦しみが続いている事を忘れず、これからもずっと心に掛けていきたいです。

 

 今冬の2,3月は雪に悩まされました。

 2月上、中旬は2週に亘って、土、日と大雪に見舞われ、一時は、積雪が1メートル近くになり、雪のため、何年か振りに臨時休園をさせて頂きました。その後もなかなか暖かくならず、道路の雪も長い事残り、園バスの運行にも支障をきたし、ご迷惑をお掛けした方の多いかと思います。今も駐車場では隅に積み上げた雪が残っています。園児たちも余り外で遊べず、新年度になったら外遊びを積極的に取り入れて行きたいものです。

 

 今年度の園生活も後、数日となってしまいましたが、この2,3日ようやく春めいてきました。

 この1年、色々な事がありましたが、神さまの恵みの中、大勢の皆さんに支えて頂き無事過ごすことができ本当に感謝です。有難うございました。

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">

↑ページの先頭へ