HOME > 園長先生のお部屋

園長先生のお部屋

2015年12月 おわびとクリスマスを間近に

15年12月04日

2015年12月4日

 

  長い事、園長ブログを更新せず本当に申し訳ございませんでした。

 気が付けば、2年近くご無沙汰をしてしまい、お詫びのことばもありません。

 これからは、なんとか頑張って書いていこうと思っています。

 

クリスマスを間近にして

  幼稚園の12月と言えばクリスマス!

 11月の最終週からアドベント(イエス様のご聖誕を待つ期間)になりました。

 今週はアドベント第2週目で、縦割りクラス毎にアドベント礼拝を守りました。

 年少さん、年中さん、年長さんと3学年の子ども達が一緒に守るこの週のアドベント礼拝は、お話をする私としてはお話の内容をどうするかが悩みです。毎年の事ですが、3学年の子どもたちが聞いていられるお話しをあれこれと検討します。

今年は「くつ屋のマルチンさん」にしました。外国のむかし話しです。

『クリスマスも近いある夜、信心深いマルチンさんは今夜も寝る前に神様にお祈りをしました。その時、「イエスさまに一度でいいからお目にかかりたい」と神様にお願いすると、「よろしい、明日、私はあなたの所に行きましょう。」とイエスさまの声がしました。

次の日、マルチンさんはイエスさまが来て下さると朝早くから張り切ってお掃除をし、ストーブの上でスープを煮込み、パンを焼いて、イエス様を迎える準備を整えて待っていました。中々イエスさまは来て下さらなく、お腹をすかせた小さい男の子にスープやパンをご馳走してあげたり、空腹と寒さでうずくまっていた親子を助けてあげたりしているうちに、とうとう1日が終わってしまいます。

マルチンさんはこの夜も寝る前に神様にお祈りをしました。その中で「イエスさま、今日どうしてきて下さらなかったのですか?」と尋ねますと「いいえ、私は今日あなたの所へ何回か行きましたよ。お腹をすかせている私にスープをご馳走してくれたでしょう。寒さで震えている私をストーブで暖めてくれ、暖かいミルクやパンをご馳走してくれましたね。」と言うイエスさまの声が聞こえました。イエスさまは「この様な気の毒な人にしてあげてくれた事は、私にしてくれたのと同じです。」とおっしゃいました。マルチンさんははっとしました。それから、イエスさまにしてさしあげるつもりで、周りの人に親切にしました。』と言うお話しです。

「この最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。」

                        (マタイ 25-40)

年少さんも最後まで真剣に聞いてくれ、ほっとしました。

  イエスさまのお生まれになったこのうれしいクリスマスをどう迎えたらよいのか、

 子どもながらに考えるきっかけにこの話しがなってくれればうれしいです。

gejrgieiww.jpg

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">

↑ページの先頭へ