お知らせ

園長ごあいさつ

春 園庭の桜の木の下で

園長 飯沼 佳子

本園は、1996年5月開園致しました。キリスト教を根底においた幼児教育を行い、地域に貢献して参りました。開園以来、50数年が経ちこの園から巣立った卒園者の数は5000人を超えました。さて、この度、ホームページをリニューアル致しました。改定は、20数年ぶりです。教育理念は 開園以来変わらないですが、実際に園で展開する子ども達の生活は、時代と共に変化してきました。実態に即した改定と日々の園生活をその都度きめ細かにお知らせできる様、一部動画を入れ、全面改定致しました。

本園の教育 ~その願い~

幼稚園は、子どもたちの 喜びあふれる 子どもの園です。
子どもたちの 元気あふれる姿や声が 園の隅々まで響き渡っている。
林、芝生、土山、園庭、動物小屋と広い園地の あちこちで
好奇心あふれる 子どもたちの活動が 繰り広げられている。
四季折々に姿を変える 自然の中で 心躍らせる
沢山の 楽しい体験を して欲しい。
友だちと 力をあわせ 毎日の園生活を 
充実して送って欲しい。
そんな生活の中で 友だちを大切に思う
気持ちを 育んで 欲しい。
やらされてやるのでなく、子ども自身が 考え、
主体的に行動する 園生活になって 欲しい。
神さまの 愛の中に 生かされている 私たち。
その愛に 答えていける 子どもに なって欲しい。
これが本園の願いです。

松本青い鳥幼稚園の歩み

北安曇郡池田町にあった(昭和28年6月創立 昭和62年3月 閉園)学校法人青い鳥学園 青い鳥幼稚園を母体に昭和41年(1966年)この地に開園致しました。 雑木林の一角を買い受け、1000坪と広い敷地に、バラック建てに等しい質素な園舎で17名の園児からの出発でした。
以後、園児数は年々増え、開園4年目の昭和44年には124名(5)…… かっこはクラス数、になり、以後も順調に発展し、毎年、増改築をしてきました。それでは追い付かず、開園10年目の昭和51年に 園舎の全面改築を致しました。鉄筋コンクリート2階建ての現在の本館です。この年の園児数は240名(7)。 入園希望者はその後も増える一方で、3年後、54年には保育室2部屋の増築、昭和59年には園に隣接する土地を630坪借り受け(その後買い取り)、園庭、林を拡張しました。 昭和60年には広くなった園庭の一部を芝生にし、今に至っています。昭和63年には図書館を増築。平成5年には3歳児保育室3部屋、バス乗り場、園児通用門、屋内プールの増築に踏み切りました。 この年の園児数 314名(11)でした。平成8年には創立30周年の記念行事の一環として、園歌、記念冊子を作りました。園歌「あおいとりとべ、ひかれ」は今も子どもたちが喜んで歌っています。 平成18年4月 創立者 飯沼初子が神のもとに召され、寂しい創立40周年の年となりました。
その後、平成19年には隣接する民家を買い取り保護者の集う場所{花いちもんめ}を開設しました。 平成21年には本館の耐震補強工事と園庭の改修工事を行いました。駐車場は創立当時220坪でしたが、それ以後、何回か、借りたり、買い足して平成27年には1000坪(約200台収容 3ケ所)になり、 現在に至っています。平成29年11月 創立50周年の記念祝典、それに先立ち、記念誌の発行(創立30周年に引き続き“どんぐり林”2号)、観劇会、PTA会主催のバザー等、記念行事を幾つか行いました。 この様々な創立記念行事は、同窓会やPTAの皆さんのお力があってこそ行えました。

これからも常に園児たちの利益を最優先に園運営を行っていきます。

ページトップ