先生たちのお部屋

2020.10.16

2020年10月16日|カテゴリー「年中
IMG_6695
こちらの年少さんは、二十日大根を収穫しました。 小さかった種がどんどん大きくなっていく「早く食べたいなぁ」と楽しみにしていました。 「とれたー!」と、とてもうれしそうですね。 このあと、自分で洗っていただきました。「からーい!けどおいしい!」
IMG_5760
こちらの満三歳児クラスはな組さんは、どんぐりをたくさん集めてすべり台を作りました。 どんぐりを転がすと…あれ?止まっちゃった! どうしたら流れるかなぁと考えてると「水も流してみたら流れるかも!」 お水を持ってきてやってみると、少し流れて、楽しんでいましたよ。
IMG_4623
年中さんも先生たちが作った青い鳥名物「どんぐり団子」を食べました。 「う~ん!美味しい!!」 今年はみんなで作れなくて残念でしたね。
IMG_4627
でも…お家で作るんだ!と張り切ってどんぐりをたくさん拾っていましたよ。

5月11日(月)

2020年5月11日|カテゴリー「年中
今日はおいし~い食べ物の作り方をご紹介します♡
お父さんやお母さんと一緒にお料理に挑戦してみてね。
4491811ebea697fc5f0fbab2a0ff8eb2

園長先生のお話

2020年4月21日|カテゴリー「年中
b795bebedba8e6635f97d8b76caa9067

7e5a91b5972a121af2a938a4dad7941d

折って、切って遊ぼう!~切り絵~

2020年4月17日|カテゴリー「年中
今日は「切り絵」のやり方を紹介します!
材料は、折り紙などの紙、ハサミ、ペンだけ。お家の人と一緒に挑戦してみてね♪

ハートがつながったリースと、お花と2つのやり方を紹介します!
154e26d77d33a275366477f81d4358da1

作って遊ぼう!~缶ぽっくり~

2020年4月15日|カテゴリー「年中
お家で過ごすお楽しみ・・・
親子で作って遊べるものを先生たちも考えて作ってみました!
今回は缶ぽっくり!
IMG_2685
用意するもの
・千枚通し(缶に穴が開けば、ドライバー等でもOK)
・ひも(子どもが持って歩くので切れないもので)
・ビニールテープ
IMG_2670
・缶 2つ(果物、あずき、サバ等 何でもOK)
 高さは同じくらいがいいです!
 飲料缶は適さないそうです…

 今回はサバ缶で
缶がお家にない場合は、牛乳パックを重ねて強くするなど代用してください
失敗してもいいので色々工夫してみる過程もお子さんと楽しんでみてください。
いい工夫があったら、ぜひ、教えてください!!
IMG_2681
作り方
①切り口にビニールテープ

 製作中にケガをしないよう切り口にテープを貼っておきましょう
 手を切らないように注意!
IMG_2672
②ひもの用意
 子どもが乗った時にウエストより下くらいに持つところが来る長さがちょうどいいです。

 今回は三つ編みにしてみました
 お子さんと一緒にぜひやってみてください♡
IMG_2678
③缶に穴をあけてひもを通す
 
 抜けないように結び目を大きくしたりテープで貼ったりひもの太さに合わせてください

IMG_2682
④飾りつけ

 テープやシールを使って自由に装飾しましょう!
IMG_2684
完成!!

乗って歩いて遊んでみてください
最初はバランスや手と足を一緒に動かすのに戸惑いますが、コツをつかめばいろんなところを歩けるようになります!


IMG_2688
 好きなシールやテープ、顔を付けるなど、オリジナルを考えたら楽しそうですね!  先生たちが乗っても大丈夫壊れることはなかったので、お家の方もぜひ一緒に遊んでみてください。
お家の中で遊ぶ場合や、近くに小さい赤ちゃんがいる場合には缶の底に厚めのダンボールを貼るなど、安全に遊べるよう工夫して遊んでください。

あおいとりにんじゃの修行(てあらいの巻)

2020年4月13日|カテゴリー「年中
先生たちが考えた楽しい手洗いです♪
幼稚園に来た時に一緒にやろうね!お家でもやってみてくださいね!
ninja200313

僕たちも行きた~い!

2020年3月30日|カテゴリー「満3歳児
 この日は年中児のお兄さんお姉さんの秋の遠足。山を登ったり長い距離を歩きます。
 年中さんたちがリュックをしょって、外に出てくるのを見つけて、「どこ行くの?」とはな組さん。教師が「遠足だよ、お山でお弁当食べるんだって」と言うと、「ぼくも行く!」一人がリュックを持って外へ・・・。近くにいたお友だちも続きます。
 満三歳はな組さんにはついていける距離ではありません。「行けないんだよ。」と言おうかと思いましたが、普段から、お兄さんお姉さんがやっていることは、なんでも真似してやってみたい!難しいよ、危ないよと言っても、とにかく自分で納得するまでやりたい!この時期の発達ならではの姿があちこちで見られるようになってきていたので、よし!納得するまでどうぞ!そんな気持ちで後についていきました。
hanagumi01
年中児 「どうしたの?」
はな  「ぼくも行きたい」
年中児 「いいよ~」
(教師の心の声… え??いいの?!)
はな  「やったあ! 」
(まずい)
教師  「ご飯食べるんだよね」
年中児 「シートあるし」
(よし!ならば…)
教師  「はな組さんないんだよね」
hanagumi02
はな  「・・・・・」
年中児 「私貸してあげる!」
(そうきたか~!でも年中さん優しいな)
教師  「水筒もないんだけど」
年中児 「あげるよ!」
(う~どうしよう。それならば)
教師  「ありがとう、遠足、はな組さんもいけるかな」
年中児 「山行くよ!」
教師  「はな組さんも登れるかな」
年中児 「それは無理かな」と歩き出す年中さん。
hanagumi03
そのやりとりをずっと見ていたはな組さん、年中さんが見えなくなるまで見送っていました。
きっと、年中さんが話を聞いて受け入れてくれたことで、行きたかったけど行かれない、ということを受け止めていったのだと思います。
その日は、遠足気分だけでも…と、いうことで外でお弁当を食べたのでした。
 やってみたい!
見送るリュック姿に、はな組さんの素直な感性と好奇心の育ちに嬉しさを感じつつ、行けなかった切なさも伝わってくる一場面でした。

いろんなことがあったね!

2020年3月30日|カテゴリー「年中
omoide
コロナウイルスの影響で自主登園となってしまった3月。
最後の日々を子どもたちと思い切り遊びたかったなととっても残念…

そんな中でも登園して来たわずかなお友だちが少しでも楽しく過ごせるといいなと考え 1年間の思い出の写真をお部屋に貼ってみました(どんな反応をするかな?)

すると・・・朝一番に気付いた子どもたち!お友だちも集まってきて、その時のことを思い出して盛り上がっていました♪
川遊びの時の写真を見ながら、
「ここ(川)に行ったら、プレゼントが流れてきたよね~!!」
「あの時はびっくりしたわ~!!」
「そのあと友だちにも教えてあげたね!」
体を寄せ合って、思い出を語る姿に、この1年間でお友だちとたくさんの思い出や感情を一緒に共有し、喜び合える関係になっていること気付かされ、嬉しくなりました。
(本当はクラスのみんな、保護者の方々にも見てもらいたかったのに~泣 )

でも、子どもたちが喜んでくれてよかった!
1日でも早く通常登園になり、子どもたちの元気な声が聞きたいな♪
ページトップ