満3歳児

桜の木の下で~春の自然の中で心を動かす姿~

2021年5月28日|カテゴリー「年中
DSC09659
3月末から咲き始めた桜は4月当初には満開になり、 入園・進級当初で不安いっぱいの子どもたちの気持ちを 和らげてくれました。
「ママに会いたい」「おうちに帰りたい」と言って泣いていた年少さんも、教師と一緒に花びらを集め始めると「これ、ママにおみやげする」と言って、いつのまにか涙も止まって明るい表情に変わりました。
花びらの入ったビニール袋をぎゅっとにぎりしめ、大事そうに持って帰っていきました。
DSC_11991
年中さんは、風が吹くたびにヒラヒラ舞い落ちてくる花びらをみて、 「わ~雪みたいだぁ!!」 「きれ~い♪」 「もっともっと降ってこーい!」と歓声をあげて友だちと一緒に花びらを追いかける姿がありました。
友だちと一緒に、春の風が吹いてくるのを楽しみにしながら、春の自然を全身で感じていた子どもたちです。
DSC_03291
5月になり、桜の木はピンクから緑の豊かな葉に変わり、赤い実をつけました。
5月中旬にその実が落ちると、一生懸命拾って集め、砂のケーキの飾りにしたり、水の中に混ぜて「さくらジュース」にしてごっこ遊びをする姿が見られようになりました。
5月に入園したばかりの満3歳のお友だちが、「(赤い実)ない、ない」と困っていたところ、そばにいた年長さんが「こっちにあるよ」「私の見つけた実をあげるよ」と 優しく声をかけていました。
思いやりの心が育っている年長さん。 この年長さんの優しさを受けた満3歳のお友だちは、安心感や親しみを感じることのできたことでしょう。
DSC_0567
ピンク色だった桜の木は、日に日に緑が濃くなっていきます。 夏には暑い日差しを遮る木陰を作って、子どもたちを癒してくれることでしょう。 四季の移り変わりを身近に感じながら、今日も子どもたちは幼稚園の自然の中で思い切り遊び、心を動かしています。  

僕たちも行きた~い!

2020年3月30日|カテゴリー「満3歳児
 この日は年中児のお兄さんお姉さんの秋の遠足。山を登ったり長い距離を歩きます。
 年中さんたちがリュックをしょって、外に出てくるのを見つけて、「どこ行くの?」とはな組さん。教師が「遠足だよ、お山でお弁当食べるんだって」と言うと、「ぼくも行く!」一人がリュックを持って外へ・・・。近くにいたお友だちも続きます。
 満三歳はな組さんにはついていける距離ではありません。「行けないんだよ。」と言おうかと思いましたが、普段から、お兄さんお姉さんがやっていることは、なんでも真似してやってみたい!難しいよ、危ないよと言っても、とにかく自分で納得するまでやりたい!この時期の発達ならではの姿があちこちで見られるようになってきていたので、よし!納得するまでどうぞ!そんな気持ちで後についていきました。
hanagumi01
年中児 「どうしたの?」
はな  「ぼくも行きたい」
年中児 「いいよ~」
(教師の心の声… え??いいの?!)
はな  「やったあ! 」
(まずい)
教師  「ご飯食べるんだよね」
年中児 「シートあるし」
(よし!ならば…)
教師  「はな組さんないんだよね」
hanagumi02
はな  「・・・・・」
年中児 「私貸してあげる!」
(そうきたか~!でも年中さん優しいな)
教師  「水筒もないんだけど」
年中児 「あげるよ!」
(う~どうしよう。それならば)
教師  「ありがとう、遠足、はな組さんもいけるかな」
年中児 「山行くよ!」
教師  「はな組さんも登れるかな」
年中児 「それは無理かな」と歩き出す年中さん。
hanagumi03
そのやりとりをずっと見ていたはな組さん、年中さんが見えなくなるまで見送っていました。
きっと、年中さんが話を聞いて受け入れてくれたことで、行きたかったけど行かれない、ということを受け止めていったのだと思います。
その日は、遠足気分だけでも…と、いうことで外でお弁当を食べたのでした。
 やってみたい!
見送るリュック姿に、はな組さんの素直な感性と好奇心の育ちに嬉しさを感じつつ、行けなかった切なさも伝わってくる一場面でした。
ページトップ